Real estate

土地か建物か

ひばりヶ丘の不動産を探しているという人に最適となるのがココです。情報がたくさん含まれているサイトとなるので利用する人は多いです。

古い不動産ほど更地にしておいた方が土地の買い手が付きやすい

一戸建ての不動産を売る際に予め決めておくべきことは、その不動産を中古住宅として売るのか、それとも土地として売るのか、ということです。古い物件であれば更地として売る方が買い手が付きやすい傾向にあり、住宅の供給過多という環境下、また、税制の優遇を見ても、今後ますます新築を念頭に置いた更地の方が買い手が付きやすくなることが見込まれます。更地にするための費用が自己負担になりますが、移り先が決まっていて、なるべく早く売却してしまいたいのであれば、予め更地にしてから不動産を売りに出した方が良いです。というのも、不動産を見慣れていない一般の人にとって、目の前にある建物が更地になった時の様子をイメージすることは容易なことではありません。ですので、古い物件が立っていると、無くなるとわかっていても、どうしてもその建物や建物のレイアウトなどに引っ張られてしまい、ネガティブな印象がついてしまいがちなのです。とはいえ、まだまだ十分に居住可能な設備や綺麗さを備えている住宅であれば、中古住宅としての需要も見越して、売却を図るべきです。

土地を売る際に注意しておくべきこと

土地を売りに出す際に注意しておくべくこととしては、更地で売却しようとするのであれば、更地にするコストが必要という事です。木造の建物であれば、坪当たり5万円程度で見ておけば良いでしょう。しかし、建物が鉄筋等の場合、昨今は廃棄物処理に大きなコストがかかるようになっていますので、木造の倍以上を想定しておく必要があります。当然、中古住宅としての需要のなさそうな物件であれば、購入希望者から更地にする分の費用を持ってほしい、もしくは更地にするための費用分程度は値引きしてほしいという要望は来ることが予測されます。それならば、予め更地にしておいた上で、自分が土地売却で得たかった費用に更地化の費用を足した価格で売り出し価格を設定した方が結果的により高値で売りやすくなると言えます。同様に、中古住宅として買ってもらうことも想定した不動産売却の場合も、更地化を求められた場合の更地にするためのコストを売却希望額に上乗せしておいた上で売り出すべきです。それが、買い手が中古住宅としてそのまま居住したいと考える客、更地化して新築を立てようと考えている客、どちらが興味を持ってくれても困らないための備えとなるからです。

返済が困難な場合

住宅を一括で購入するという人はあまりいません。そのため住宅ローンを利用して購入するという人が多いですが、返済が困難になってしまうこともあります。競売にかけるよりは任意売却を利用した方が返済額を減らすことができます。

read more

住宅以外の使い方

住宅はそこに恒常的に住むだけでなく、夏や冬に期間限定で住むような別荘にするという扱い方もできます。別荘を購入することもできますが、所有している住宅を作り替えるということも可能です。

詳細を読む

安定した投資を実現

株式やFXよりも安定した投資ができるということで、収益物件はサラリーマン投資家に注目されている投資となっています。その中でも特に安定した利回りを実現している物件がありますので、注目です。

詳細を読む

リスクが少ない

不動産投資はとてもリスクが少ない投資方法なので、安定したインカムゲインを得る目的のあるひとには最適な投資です。株よりも初期投資費用がかかるので、利益が回収できるまでの期間を計算するのも大切です。

詳細を読む

住みやすいエリア

尼崎市は交通の便がよく、閑静な住宅地から工業地域、商店街等様々なものがあります。物件もファミリー用から1人暮らし用、工場や倉庫等幅広いです。情報が多いと様々なタイプの物件を紹介してくれます。

詳細を読む

オススメリンク

  • 全国任意売却相談センター

    福岡の空き家で悩んでいるならココをチェック!放置をしてしまうと大変なことになってしまうのですぐに相談をしてみるといいでしょう。
  • 丸川不動産

    呉市で不動産を紹介している会社では、利用者の意見をしっかりと聞いてくれるので頼りになります。申し込みをするならこちらをチェック!
  • 株式会社松山興産

    家探しをしているならこちら!長岡京市の不動産会社がサポートしてくれますよ。賃貸だけではなく、売買用の物件もあります。